懐かしい遊び

毎年、お正月は、実家に半日だけ里帰りしますが、
会うたびにお姉さんになっていく、元気な姪っ子二人に毎度驚きます。

今年は初めて、その姪っ子と、外遊びをしました。
バドミントン、かくれんぼ、だるまさんが転んだ・・・と、
北風吹く中、懐かしい遊びのオンパレード!

平成生まれの姪っ子が
昭和生まれである私の子供時代と
同じ遊びをするのに驚きました。

こういう遊びは、幼稚園で教わるものなのですかね?

そういえば、昨年、『お寺の和尚さん』という手遊び歌が
人によって微妙に歌詞が違うことを初めて知りました!
地方的なものなのか、はたまた、年代的なものなのか・・・

私の知っている歌詞の流れは、
お寺の和尚さんがカボチャの種をまいた→芽が出た→花が咲いた→じゃんけんポン!
というものなのですが、人によっては、
花が枯れちゃうとか、東京タワーがでてくるとか、微妙に違う。
それでも、最終的には「じゃんけんポン!」に流れ着く。

今度、姪っ子に会ったら、お寺の和尚さんを歌ってもらおう。
[PR]

by unsourire2011 | 2014-01-04 12:53 | ふと思ったこと